So-net無料ブログ作成

『オペラ座の怪人25周年記念公演inロンドン』映画観てきました。と、新演出!Phantom UKツアー [The Phantom of the Opera]

『オペラ座の怪人25周年記念公演inロンドン』映画観てきました。と、新演出!Phantom UKツアー


みなさんこんにちは。
昨日は、オペラ座の怪人特別公演inロンドン」の映画を、日比谷のTOHOシネマズスカラ座まで観に行ってきました

自分も最初はそうでしたけど、「レ・ミゼラブル25周年コンサート」のように、スタンドマイクに向かって歌う、コンサート形式だと思いきや、実はこの公演はコンサートではなく、「オペラ座の怪人」の完全舞台版なのです。
(ロンドンのハー・マジェスティーズ・シアターで上演しているオリジナル・プロダクションや、劇団四季などが上演している、オリジナルの演出版とは少し違います。舞台版でありながらも25周年の特別演出です) 
なので、途中から(舞台版であるとわかってから)、このブログでは「コンサート」という表記はやめにしました。 
 
でも、名残(?)で、「オペコン」とか、「オペラ座コンサート」というのは、この10月1日と2日にロイヤル・アルバート・ホールで行われた公演の事を指します。
そして、この映画の事も「オペコン映画」と言ったりします。 

まぁようは、どっちでもいいんですね(笑)。
コンサートではありませんよ、ということを伝えたかっただけです。 
でも本編終了後のカーテンコールからは、少し、コンサート形式のものになります。
これがまた良いんですよ~ 

アンドリュー・ロイド=ウェバーが、「マイ・エンジェル・オブ・ミュージック」と言って紹介し、登場するサラ・ブライトマンは、ロンドン初演の、いわゆる世界中のオリジナル・クリスティーヌであることは有名ですよね。
そのサラが特別に、タイトルソングの「オペラ座の怪人」を歌ってくれるのですが、そこに登場する5ファントムがまた凄いんです。

映画版では、俳優にテロップが入らなかったので、「誰?」と思う方もいると思いますので、ここでちょっと補足しておきますので、参考にしてください。 

下手(画面左側)より、
Anthony Warlow オーストラリア初演ファントム、つるつるのカッコイイおじさま。
John Owen-Jones ジョン・オーウェン・ジョーンズ。現在のロンドンファントム。一番声援を受けていた超美声のファントム!ジョン様!JOJ様と呼んで崇拝しています。
Ramin Karimloo ラミン・カリムルー。かつてのロンドンファントムとLNDファントム。25周年公演ファントム。 
Colm Wilkinson 試演ファントム。カナダ初演ファントム。貫録のある優しそうなおじさま。 
Peter Joeback 次期ロンドンファントム。マイケル・クロフォードばりの甘い歌声が特徴のお兄さん。 

ちなみにジョン様とコルムさんは、レミゼのジャン・バルジャンの人でもあるんですよ。
コルムさんはオリジナルJVJです。凄い人ばかり! 
それにラミンは、アンジョルラスですしね。 

5ファントムの「Sing for Me!!」も凄いですけど、その後に続くミュージック・オブ・ザ・ナイトがまた豪華で… 
一番聴かせどころをジョン様が歌ってくれるので、それも見所、聴きどころのひとつですね。
まさに鳥肌、涙ものです。 

ロンドン・オリジナルファントムの、マイケル・クロフォード(現在「オズの魔法使い」のタイトルロール)は、折角駆けつけてくれたのに、歌ってくれなかったのは残念ですが…

本編の方では、オリジナル演出(四季も基本同じです)とはちょっと違う特別演出を楽しみつつ、
豪華キャスト陣の熱演・熱唱と、重厚なオーケストラの演奏を、存分に堪能できます。
ちょっとフルートがとちっていますけど。 

ファントムのラミン・カリムルーは、今回はかなり狂気なファントムでしたね…!! 
はじめて、ラミンの歌声を聴くという方。彼の歌い方は本当に心を揺さぶられますので、心して挑んでくださいませ。そして、独特な声の圧を感じてください。 
クリスティーヌのシエラ・ボッゲス。素晴らしすぎです。まさにエンジェル・ボイス! 
可愛いしダンスも綺麗し(元フィギュアスケートの選手)、当然のように歌は素晴らしいし… 
豊かな表情にも注目してくださいね。 超ファントムLOVEなクリスティーヌです! 

オリジナル演出とちょっと違うところで、ラウルがクリスティーヌの楽屋に行く時に持っているものに注目してくださいね。ちょっと続編に繋がるものを持っています。 

あと、シャンデリアは、映画「オペラ座の怪人」で使用したものと同じものだそうです。
めちゃくちゃ豪華でデカイ!です。

そうそう。
字幕はなんと!我らが劇団四季の代表、浅利慶太さんによるものでした。
歌詞も、台詞も、ほぼ四季版と同じでしたので、これは良かったです。
もし全然違う内容だったら、その字幕が気になって、舞台の方に集中できなかったと思うので…

ただ、ひとつだけ本当に残念なのは、なぜか、音程がオリジナル旋律よりも半音位下がった状態で上映されている…ということです。 
これは最初、スカラ座が上映するスピードを落としているのかと疑いましたが、どうやら梅田の方でもこの現象が起きていたそうです。
本公演では音は下げず、オリジナルと同じ旋律で上演されたことは確認済です) 

これ、気持ち悪かったですね…最初気になってしかたなかったです…
「ジャーン、ジャジャジャジャジャーン」で、あれ?!音が下がってる!って気付きましたから。 
半音か一音か。その位下がってますね。だから本来の音楽とは別に聴こえてしまいました。

どうしてこういう事になっているのか理解できないので、只今、配給元に問い合わせ中です。
納得のいく説明を得られるかはわかりませんが、やっぱりこういうのは嫌なので改善してほしいなぁ…折角リピートしようと思っていたのに。
(もう予約した分は行きますけどね) 

 
上映劇場は続々と増えていっているようです。 
http://operaza25.jp/theaterInfo/index.html 

東京では、11月に品川プリンスでもやるようですね。 

是非、皆さんも大画面と素晴らしい音響で存分に堪能してくださいね。
DVDとBlu-rayは来年の1月25日頃、発売される予定となっています。 

Phantom of the Opera at the Royal Albert Hall

Phantom of the Opera at the Royal Albert Hall

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Polydor UK
  • 発売日: 2011/11/22
  • メディア: CD

 

 

 

さて、もう一つ、オペラ座関連のニュースです。 

来年3月より、新演出版「オペラ座の怪人」UKツアーがスタートします! 

RUG公式:Phantom UK Tour
http://www.reallyuseful.com/news/phantom-uk-tour/ 

 
ファントムには、ジョン・オーウェン・ジョーンズと、アール・カーペンター。
クリスティーヌには、ケイティ・ホール。 

ジョン様は先ほども書きましたが、現在のロンドン(ハー・マジェスティーズ・シアター)のメイン・ファントム(12月10日まで出演)。
アール・カーペンターさんは、ジョン様と交代して3月までは、ハー・マジェスティーズ・シアターのファントム役を務めるそうです。その後、ツアーに入られるようですね。 
このアールさんという人も、自分はあまりよくわかっていないのですが、それはまた凄い人なのだそうですよ…!! ごくり 

(追記)アールさんはオペコン映画のオークショナー役として出られています。元ファントムの方です。

ケイティは、現在、ロンドンの代替クリスティーヌとして活躍しています。
その前は、レミゼのコゼットもやっていました。  
ちなみに、オペコン映画のダミー・クリスティーヌ(橋の上でファントムにひっぱられるクリス)は、このケイティがやっているんですよ。 

そうですか。ジョン様、ロンドンは12月10日までですか…。
いや、アールさんも凄いということなので、楽しみです。
また1月に観に行くんですよ、ハー・マジェスティーズ・シアターに。 

さて、新演出のツアー版ということですので、これはオペラ座マニアは要チェック!という事項がひとつ増えてしまいましたから、これはまた、どこかの機会でツアーを追いかけなくてはならなくなりました。 
来年のGWに、マンチェスター公演に行きたいな~ 
ロンドンからは電車で2時間位かかるそうですが、ちょっとした旅行でまた楽しそう。 

新演出がどのようになるのかも楽しみですし、ファントムをジョン様で観られるんでしたら尚更!
また来年も、素晴らしい思い出が出来そうで、今からとても楽しみです。   

John Owen

John Owen

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sain
  • 発売日: 2009/12/07
  • メディア: CD





今はこちらで書いています

⇒ 禁断劇場

ツイッターをフォローする ⇒ @kindan_J @J_kindan

フェイスブックをフォローする ⇒ Facebook

@LINEでおともだちになる ⇒ @LINE

禁断メルマガに登録する ⇒ 禁断メルマガ 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 3

釆菜

こんばんは。
オペラ座25th行ってきました。
もう最高でした‼
豪華過ぎるメンバーに大変、感動しました。
ちょっと今回はダラダラ長くコメントしそうですがお付き合い下さい。

このブログを読んで予習して行ったので、それはまた楽しめました!!
私は名古屋で観劇してきました。
やはり名古屋でも音が低かったと思います。多分ですよ(笑)
あれは多分、半音ですね
あまり気にならないとこもあったので。
でもオーヴァチュアとスィンク・オブ・ミーとマスカレードは特に気持ち悪かったです。
でもあの壮大なオーケストラは本当に最高でした‼
そして皆様、歌も魅力的で‼
特にクリスティーヌが歌も踊りも演技、更に可愛いくていいですねー
劇場も最高で25 thの演出もとにかく最高です!
バックの画面やラストの花火?と紙吹雪‼
凄く素敵でした‼個人的に鏡に映るファントムの演出がお気に入りです!
あぁ、ちゃんと観てきましたよ。
ラウルがクリスティーヌの楽屋に持ってくる物!私はまだ続編をしっかり観たことがないのであれですが、何か隠れポイントみたいな感じで面白かったです。
シャンデリアもとてもカッコイイ(^O^)/
そして本編終了後のパフォーマンスも感動しました。
サラはやっぱり素敵ですね。
それから、ジョン様‼初めて観ました‼カッコイイし歌もよかったです!正にジョン様‼‼
あのミュージック・オブ・ザ・ナイトの大合唱最高‼もう私の手元に早くCD置いてって感じです。聴かせどころのジョン様素敵です〜( ´ ▽ ` )ノ
あのAs(ラ♭)突っ込ませて頂くなら字幕、時折、邪魔です(泣)
ラストファントムとクリスティーヌの掛け合いだから仕方ないけど顔を隠さないで!!ラウルやファントムの歌詞2回使ってるし…とか台詞もちょいちょい気になるから本編の字幕、もういりません!です(笑)
屋上で必死にクリスティーヌが怯えているのに、ラウルがはじめ馬鹿じゃないの?みたいな顔してたのでクリス可哀想って感じ!でもつぼりました(笑)マスカレード。人が多すぎてクリスティーヌの腕に付けるのを外していたのは邪魔人らないように?
2幕、チューニングは普通A(ラ)なのに低いからAs(ラ♭)になっちゃってるってこと?
あとラスト、ファントムがラウルの縄を焼く時に蝋燭から蝋燭に火をもらうって感じんでしょうが、思いっ切りスイッチのカチって音が聴こえてスイッチも丸見えで(笑)って感じでした。
クリスティーヌが指輪を返してその場で「どんな時でも〜」歌う時、なんだかまだファントムに未練があるような雰囲気にも捉えらることもできて舞台なら完全にラウルだけどそこはまた面白かったです。これはLNDの影響もあるのかなぁって完全な予測ですが…
あとはカーテンコールでラミンさん上手からではなく後ろの扉が開いて冷気の中、出てきたら、カッコイイですよぉ〜

スクリーンでもあれだけの迫力!!
生はどんなに素晴らしいのでしょう…
とにかく最高で何度も観たい‼
ただし、名古屋はたった1週間だけ!
DVDだけじゃたりませんよねぇ〜
このブログのおかげで5ファントムやクリスティーヌのプロフィールもよくわかったし、注目ポイントも踏まえて観れるので、大変、面白かったです。ある意味、その分、私は得してますね
より感動したんだと思います。本当に素晴らしいブログです。これからも楽しみにレポ見て行きます!
ちゃんと毎日、最新情報チェックしてますよ!そうそう、MMの公開稽古を見ると、地方公演と一緒のセットと月っぽいですね。

本当に長々とすみませんでした。
是非、今度映画を観劇される場合は私が思った突っ込みどころも観てみて下さいね

さようなら〜
by 釆菜 (2011-10-23 21:51) 

采菜

PSさせて下さい!!
もう、あれだけ書いておいてまだかい?ってかんじですけど補足させて下さい!!
凄く感動したおかげで一人で勝手に拍手を小さくしていましたよ。(流石にビッグには…)
スクリーンだと表情もアップになってとってもよく見えてよかったです。(Jurunさんのオススメポイントでもある)
あれはたとえ生で観れても表情までは厳しかったかも…?
でもまぁ生なら、思いっきりバチバチ拍手できるし「ヒュー」って叫べるし、スタンディングではしゃぎまくって盛り上って、ハイテンションできるでしょうから…
母と次回行くときは、勝手に拍手とかしちゃおっかって言ってます(笑)

あと、ブログに書かれていた、フルートのとちり。イル・ムートのバレエシーンですよね?
意識して探してたら思いっきり(笑)
思わず笑っちゃいましたよ…(笑)

やっぱヴァイオリンは四季の今の人の引き癖が好き(前、コメントさせて頂きました。)
ひと楽器に何人もいると壮大ですねぇ~あんなのを毎日
味わってみたいです(笑)

PS、すみませんでした!!
by 采菜 (2011-10-23 23:12) 

jurun

>采菜さん

あつ~い長文コメント、ありがとうございます。
オペラ座が好きだからこそ、たくさん語りたいことがありますよね。
映画ではなぜか半音さがった状態だったり、字幕が被ってちょっと邪魔だったりと、つっこみどころも同じですね(笑)。
東京(日比谷)は明日が千秋楽なので、観に行ってきます!
采菜さんも出来る限り、映画館で楽しんでくださいね。
DVDとBDは1月発売ですので、それまで待てないですよね~
by jurun (2011-10-26 22:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ


Copyright(C) 2007 今週もやっぱり禁断症状 All Rights Reserved.