So-net無料ブログ作成

オペラ座の怪人:電通四季劇場[海]:2011年10月15日ソワレ観劇レポ #operaza #大山大輔 [観劇感想:劇団四季(2011年)]

オペラ座の怪人:電通四季劇場[海]:2011年10月15日ソワレ観劇レポ #operaza #大山大輔 


IMG_0500.JPG

オペラ座の怪人 電通四季劇場[海] 2011年10月15日 
 
オペラ座の怪人  大山大輔
クリスティーヌ・ダーエ  笠松はる
ラウル・シャニュイ子爵  中井智彦
カルロッタ・ジュディチェルリ  種子島美樹
メグ・ジリー  松田未莉亜
マダム・ジリー  戸田愛子
ムッシュー・アンドレ  林和男
ムッシュー・フィルマン  平良交一
ウバルド・ピアンジ  橋元聖地 
ムッシュー・レイエ  田代隆秀
ムッシュー・ルフェーブル  川地啓友
ジョセフ・ブケー  金本和起

【男性アンサンブル】
瀧山久志
五十嵐春
野村数幾
見付祐一
伊藤礼史
田中元気
佐藤圭一

【女性アンサンブル】
吉川瑞恵
高瀬悠
小澤可依
吉田絢香
村瀬歩美
江本あきこ
馬場美根子
石川杏菜
平井佑季
野手映里
黒柳安奈
梅崎友里絵 

着席: 



昨日は、劇団四季の「オペラ座の怪人」東京公演を観てきました。 
四季のオペラ座は今年1月末に、名古屋公演の千秋楽を観て以来となります。 
オペラ座の怪人は本当に大好きなミュージカルで、四季熱を再燃させてもらったキッカケとなったのは、この四季のオペラ座(と、「オペラ座の怪人」の映画)でした。
初めてオペラ座を観たのは大阪初演(1988年、近鉄劇場)。
本格的に観はじめたのは、2005年東京公演。劇場はこの電通四季劇場[海]でした。 

当時、ファントムは高井治さんと村俊英さんの二人体制でしたが、新ファントムにラウル役の佐野正幸さんがデビューしたのも、前回東京公演で、この海劇場になります。 
色々と思い出が詰まった劇場で、多分一番多くの涙を流したのが、この四季オペラ座東京公演ですが、最近は続編の「Love Never Dies(ラヴ・ネヴァー・ダイズ)」や、オリジナル・ロンドン・プロダクションの「The Phantom of the Opera」への熱意が強まっていまして、四季のオペラ座は、「何かキッカケが出来れば観に行こう」という、自分の中での突発条件を決めていたのです。 

で、今回突発したそのキッカケとなったのは、新ファントム。
オペラ歌手の大山大輔さんのデビューでした。 

いや…正直に言いまして…
実は、それほど期待はしていなかったんです(すみません) 
何となくイメージとして、歌はめっちゃ上手いんでしょうけど、演技とか台詞とかはおざなりになってしまうのでは。という風に勝手に思っていました。 

でもですね。ツイッターでの評判を読むと、「泣かされた」という文字がたくさん書いてあるんですね。 
これは良さそうだということで、期待して観に行きました。
で、見事にやられましたよ…ラストでしっかり泣かされました!

 

Phantom of the Opera at the Royal Albert Hall

Phantom of the Opera at the Royal Albert Hall

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Polydor UK
  • 発売日: 2011/11/22
  • メディア: CD

  

大山ファントムは背が高く、恰幅の良いガッチリタイプです。ちょっと、お腹でてます。  
演技は高井ファントムと佐野ファントムの良いところを、上手く取り入れているように思いました。 
手の動きなんかは完全高井さんですね。で、ちょっと挙動不審気味(良い意味で、ストーカーチック)なアクションは、佐野さんが入っているように思います。 
帽子をピシャッと舞台袖に投げ、マントをバサァッと翻す姿は、高井さんのアクションまんまでした。これ、カッコイイですね。(村さんと佐野さんはキッチリたたみはるので、ちょっと几帳面なファントム) 
顔も高井さんをちょっと優しくしたような感じがしました。割と似ていると思います。 
ただ、高井さん特有の、俺様オーラは出ていなかった。もう少しこの俺様が出てくれば、もっとカッコよくなると思います。  

「連れてきた甘美なる世界へ~」の、オルガンを弾くシーン。
ここは個人的には注目ポイントで、大山ファントムはここではどこを見ているか、じっくり観察しますと…
クリスティーヌをチラチラと見ながら、鍵盤の方にも目をやっていました。
おぉ、ジョン・オーウェン・ジョーンズ(現在のロンドンファントム)ばりのオルガンさばき!なかなかカッコイイですね。 
ちなみに、佐野さんはクリスティーヌをガン見で(鍵盤は一切みない)、かなりストーカーチック。 
高井さんと村さんは、なぜか鍵盤をガン見で(クリスティーヌは一切みない)、シャイなおじさま達です。

手の動きはかなり良かったのですが、ちょっともの足りなかったのは、Music of the Nightで、クリスティーヌの背後にまわり、「私に聴かせてほしい、私に触ってほしい」と歌うところ。 
高井さんは、毎回遠慮なくクリスティーヌの胸を触るんですけど、大山ファントムは空中でした…。
ここはやっぱり、先輩の高井さんを見習って、もっとガバッといってほしいところです!ガバッと! 

歌は、オペラ歌手ですからかなり上手いです! 
バリトンで包み込むような歌声は、今井清隆さんに似ているように思いました。 
不思議と、大山ファントムの歌声を聴くだけでも、かなりウットリとしてきます。  
ただ、歌は上手いのですが、少しもの足りなかったのは、ロングトーンの部分です。 
ファントムの聴かせどころのロングトーンの中で、最後の「夜の調べとともに!」は伸びましたが、他はどれも短かったのです。 
ちなみに、MOTNの最後伸ばすところは、失神したクリスティーヌの傍で、クリスティーヌを見ながら歌っていました。他のファントムの人は立ちあがって、指を天にむけてポーズを決めて伸ばしますが、クリスティーヌを見ながら、というのをやった人ははじめて見たかもしれません。 

ロングローンがビシバシ決まるようになれば、ほぼ、最強じゃないですか? 

アンマスクでは、怒りと哀しみの表現をハッキリと出していましたし、
ポイント・オブ・ノー・リターンは、セクシーかつ怪しげな動きでアミンタ(クリスティーヌ)に迫っていましたし、フードを取られたときのハッとした時の表情とか、マスクと鬘を取られてしまった時の表情とかも良かったです。 

ラストの「行け、行ってくれ!お願いだ!」は、高井さんと同じ絶叫タイプでした。 
ここで絶叫されると弱いんですよね…涙がドバーッとでましたよ… 

いや~本当に、デビュー一週目で、しかも初の一日二回公演の夜の部で、ここまで熱く、魅せてくれるとは思っていませんでした! 
御本人のブログによりますと、昨日の夜公演は、初めて自分のやりたかったことが自然に入ってきた、ということを書かれています。何か納得するものがあったのでしょうね。 

カーテンコールは長く続きました。 
大山ファントムが出てきた時には、一層大きな拍手が鳴ります!
そして、オーケストラへの拍手も大きかったです。 
何度も何度も出てきてくれて、大山ファントムは感謝の気持ちを表すように、胸に手をあててお辞儀をしていました。  
自分はもう我慢できなくなって立ちあがったのですが、同じタイミングでスタンディング・オベーションとなりました。あぁ、良かった。

期待の大型新ファントム、大山大輔怪人!
評判通り、かなり良かったですよ! 素晴らしい、ブラヴォッ! 

大山さんは客演ですので、怪人役はあまり長くないかもしれませんから、大山怪人が気になる方は、お早めに観に行かれることをオススメします。 
 
(続く) 

 





今はこちらで書いています

⇒ 禁断劇場

ツイッターをフォローする ⇒ @kindan_J @J_kindan

フェイスブックをフォローする ⇒ Facebook

@LINEでおともだちになる ⇒ @LINE

禁断メルマガに登録する ⇒ 禁断メルマガ 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 2

コメント 4

SH

大山ファントムに泣かれたのですね。もっと詳しいレポお待ちしてます。

あと、LNDのタイトル曲のレポにコメント書いたんですけど、うまく投稿できてなかったみたいです。要するに「全く同感です。」ってことを書きました。
by SH (2011-10-16 19:13) 

akanet789

大山ファントムのレポートありがとうございます。
雰囲気が伝わってきました♪
「ガバッと!」のリフレイン、笑えました。

今回は、突発観劇でいらしたようですので、席は後ろの方だったのでしょうか。

「(続く)」とのこと。
中井ラウル、笠松クリスティーヌについて、kindan_jurunさんのこれまで見てこられた方々との比較も書いていただけると、うれしいです。

私は、前回の京都公演で2回観劇。
高井怪人、佐野怪人+中井ラウル+高木クリスティーヌ、笠松クリスティーヌです。
by akanet789 (2011-10-16 20:03) 

jurun

>SHさん 

はい、しっかり泣かされました。
ちょっと時間がなかったので端折ってかきましたが、補足の記事は早くて今晩あたりにアップできそうです。いつも細切れですみません…(笑)
ツイッターでも言いましたが、Sさまドンピシャまではいかないとしても、かなり好みの歌声だったと思います>大山怪人。
LNDレポの感想もありがとうございます。あの日のシリア、めっちゃよかったですね!
by jurun (2011-10-18 11:22) 

jurun

>akanet789さん 

今回はいわゆる「とちり席」あたりでした。
表情なんかもしっかりと見えたので、よかったです。 
はい、ちょっと途中で切っていますが、ほかのキャストについても(簡単に)書こうと思っていますので、もう少しお待ちくださいね。
中井ラウルは初でしたが、なかなか熱血で好みのラウルでした!
by jurun (2011-10-18 11:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ


Copyright(C) 2007 今週もやっぱり禁断症状 All Rights Reserved.